和紀 さんの、一生かけてでも伝えていきたいものってなんですか?

Share on LinkedIn
このエントリーをはてなブックマークに追加

《和紀さんの、一生かけてでも伝えていきたいものってなんですか?》
1186881_553574954678289_829071581_n

クライアントさんからある質問を頂きました。
その想いをより多くの方に伝えたいと思い、
やり取りの一部をシェアしますね。


>和紀さんの、一生かけてでも伝えていきたいものってなんですか?


私が一生かけてでも伝えていきたいことは、


『 more fun 』ですね(^_-)-☆


「人生はもっと楽しめる!」ということを伝えていきたいです。


僕自身、高校時代に精神的にどん底に行き、
軽い鬱的な感じになって、暗黒時代を過ごしました。


その時に時間をかけて辿り着いた答えが、
「幸せとは、”氣持ち”次第なんだ」ということでした。


それから、兎に角、「楽しいことをしよう!」と思い、
楽しめることを追求してきました。


会計士を辞めたのも、
毎日に不自由は無いけど、心の底から仕事を楽しめてはいない、
と思い、もっと自分が心の底から楽しめる志事があるはずだ!
との理由からでした。


ディズニーを超えるテーマパークを創りたい!とか
パレードをやりたい!サプライズ劇団を創りたい!
ハワイに住みたい!
など、たくさんの夢(やりたいこと)がありますが、
それは、『 more fun 』の精神から来ており、
自分自身、そして、周りにたくさんの笑顔を生み出したいとの想いからです。


そういった理由から、
何かに我慢している人には、「他にも選択肢はあるはずだよ」
ということを伝えていきたいという想いも強いです。


そのため、僕自身、
「ゴールデンサークル」に強く惹かれているんでしょうね。




仕事を我慢しながらやっているのであれば、
別の選択肢があるはず。


起業して経営はある程度上手くいっているけど、
どこか心が満たされていないのであれば、
その隙間を埋める何かは絶対にあるはず。


僕自身、満たされていない日々をずっと送っていたけど、
実際に行動することにより、”何か”を徐々に見つけつつあり、
今は、志事に追われてプライベートはほとんど無い毎日だけど、
今までの人生で一番楽しく充実した日々を送ることが出来ているから、
伝えることがデキると考えています。


僕は兎に角、楽しいことが好きです。
そして、楽しいことをやるためには、
僕一人ではダメなんです。


同じように人生を本氣で楽しんでいる仲間が必要なんです。


だから、◯◯さんや他のクライアントのように、
「人生をもっともっと充実させるために、進化成長していきたい!」
という貪欲な想いをお持ちの方のお手伝いが出来ればと思っています。


そして、みんなで規格外の”遊び”をして、
みんなで本氣で人生を楽しんでいきたいですね!!


ご確認よろしくお願い致します(^0_0^)

LINE@でも木下和紀と繋がりませんか?

LINE@では、実際にビジネスを成功させるためのアドバイスを
毎日配信しています(^_^)
「アントレプレナークリニック」の無料お申し込み特典も付いています。

LINEメニューのその他 ⇒ 友達追加 ⇒ ID検索 と進み、
@kinoshitakazukiを検索して、友達追加を完了させて下さい。

コメントを残す