販売促進に使える即効テクニック 「同梱物を工夫せよ!」

販売促進同梱物
Share on LinkedIn
このエントリーをはてなブックマークに追加

販売促進同梱物
kizakiyuya
ムービングページクリエイターの木﨑雄也です。


「アイデアマネタイズ通信 ジーニアスラブレター」
の方でも、販売促進について講座をやっていますが、
こちらでも簡単なテクニックや事例をご紹介していきたいと思います。


顧客との接点を売上に!


見込客にしろ既存客にしろ、お客様との接点は、売上につなげるべきです。

メール1つでも、お客様と接するのであれば、
何か役に立てることはないか?
喜んでもらえることはないか?

を考えて、オファーをするのがベストです。

お客様との接点があるのに、事務的に右から左に処理するだけでは、非常にもったいないです。


通販専門店の同梱物


商品を購入した際に、一緒にチラシなどが入っていることはたくさんあると思います。
これもお客様との接点を重要に考えた上での販売促進です。

特に通販で成功している会社の同梱物は、非常に充実しています。

ただのチラシでなく、「○○通信」のような機関誌にして、
商品開発の裏側や、お客様の声、スタッフの紹介などなどテンコ盛りの内容になっています。

健康食品であれば、商品サンプルを送ってきて、
そのサンプルの効果的な使用方法や効果事例を、「これでもか!」と伝えた冊子が入ってきたり…

これにより、新たな購入機会を創出しています。


ただ商品のパンフレットを入れるよりも、ストーリーや事例を提示したものの方が喜ばれます。

商品を売り込もうと思った時点で、自然と売り込みになってしまいます。
顧客の視点になり、喜んで読んでもらえる同梱品を作りましょう。

「立派なチラシは、予算がなくて出来ないよ」という人でも、大丈夫です。
商品によっては、手書きの方が親近感や手作り感が出て喜ばれる場合もあります。
いかにお金をかけるかでなく、いかに知恵を使うかが、喜ばれる同梱物を創る一歩となるでしょう。

時には、お客さんやスタッフにどんな情報が喜ばれるか聞いてみるのも一つの手です。


メルマガでも販売促進教えてます♪


ブログでは、ライトな販売促進方法をアップしていますが、

メルマガでは
「悪用厳禁!誰でもデキるハンソクワザ(販促技)14日間講座」として
もう少し実務的な内容をお伝えしています。


もちろん無料です( ^ω^ )
登録はこちらから!

LINE@でも木下和紀と繋がりませんか?

LINE@では、実際にビジネスを成功させるためのアドバイスを
毎日配信しています(^_^)
「アントレプレナークリニック」の無料お申し込み特典も付いています。

LINEメニューのその他 ⇒ 友達追加 ⇒ ID検索 と進み、
@kinoshitakazukiを検索して、友達追加を完了させて下さい。

コメントを残す