販売促進方法 事例 「プーさんの熱いうちに打て!」

プーさん
Share on LinkedIn
このエントリーをはてなブックマークに追加

プーさん
kizakiyuya
ムービングページクリエイターの木﨑雄也です。

少し前にディズニーランドでのクロスセルの記事を書きましたが、
今日もディズニーランドでよくみる販売促進技についてです。

「アイデアマネタイズ通信 ジーニアスラブレター」
の方でも、販売促進について講座をやっていますが、
こちらでも簡単なテクニックや事例をご紹介していきたいと思います。


販売促進としては鉄板中の鉄板だけど


商品を販売するのに重要なファクターとして、「タイミング」というものがあります。

本当に欲しいと思っているときでないと、
「今はタイミングでない…」と逃げられてしまいます。

そのタイミングを作るのも販売促進では重要ですし、
そのタイミングで商品を提示できるかがさらに重要です。


お客様の購買意欲を煽るだけ煽って、商品が品切れだったり、
商品を購入する導線が明確でなかったりしたら本末転倒ですね。

ディズニーランドでは、そのタイミングを逃さないことを徹底していると感じました。


瞬時にプーさんの大ファンになった次女


東京ディズニーランドには、「プーさんのハニーハント」というプーさんの世界に、はちみつ探しの旅をするというアトラクションがあります。
自力で座われれば小さい子でも楽しめます(ちなみに次女は1歳です)。

乗ったことがある人であれば、覚えていると思いますが、
アトラクションが終わると強制的にプーさんのお土産コーナーを通されるんですね。


先日、遊びにいった時の話しですが、
アトラクションを楽しんで、そのお土産コーナーに入った次女は、急に
「プーさん!プーさん!」
と言って、プーさんのパペットにロックオン!

抱きしめて離しませんでした( ゚д゚)

それまで、一度たりともプーさんが好きな様子など見せたことがなかったのに…

わずか5分ほどのアトラクションに乗り、その後大量のプーさんグッズを目にした次女は瞬時にプーさんの虜になってしまったようです。

パペットは、あえなく(?)購入させていただきました。
まぁ帰ってきてからもお気に入りで手を突っ込んで遊んでいるからいいんですけどね( ^ω^ )


よくよく思い出してみれば、以前わたしタワー・オブ・テラーに乗った後、
まんまとシリキ・ウトゥンドゥのグッズを買ったことがありました( ^ω^ )


自社ではちゃんと出来ていますか?


WEB上のショップにしろ、実店舗にしろ、
このような顧客の導線が非常に重要です。

「欲しい!」「気になる!」「知りたい!」と思ってもらえたときに、
機会を逃さずに、購入できたり、問合せできたりする環境が整っているでしょうか?

少しでも購入に際して、迷うような導線では、機会を逃します。

もう一度、見直してみてくださいね♪


メルマガでも販売促進教えてます♪


ブログでは、ライトな販売促進方法をアップしていますが、

メルマガでは
「悪用厳禁!誰でもデキるハンソクワザ(販促技)14日間講座」として
もう少し実務的な内容をお伝えしています。


もちろん無料です( ^ω^ )
登録はこちらから!

LINE@でも木下和紀と繋がりませんか?

LINE@では、実際にビジネスを成功させるためのアドバイスを
毎日配信しています(^_^)
「アントレプレナークリニック」の無料お申し込み特典も付いています。

LINEメニューのその他 ⇒ 友達追加 ⇒ ID検索 と進み、
@kinoshitakazukiを検索して、友達追加を完了させて下さい。

コメントを残す