販売促進 事例 「ギフト限定ビール」

ギフト専用ビール
Share on LinkedIn
このエントリーをはてなブックマークに追加

ギフト専用ビール
kizakiyuya
ムービングページクリエイターの木﨑雄也です。

たまたまですが、お酒の話題が続きます( ゚д゚)
今日もお酒のお話。


「アイデアマネタイズ通信 ジーニアスラブレター」
の方でも、販売促進について講座をやっていますが、
こちらでも簡単なテクニックや事例をご紹介していきたいと思います。


ギフト限定という販売促進


普段お酒をのまないので、ビールも詳しいわけではありませんが、
ある程度の銘柄は知っています。

お中元でいただいたアサヒのビールが見たことないなぁ〜
と思ったら、6月から発売されたギフト限定のものとのこと。
その名も「アサヒ ドライプレミアム」


「どうせ送るなら、限定のものが喜んでもらえるなぁ〜」
と普段買える商品より選んでもらることは間違いないですよね。

特に日本人は「限定」に弱いといわれていますね。

「すぐに買わないといけない!」
「いつも買えないものが買えてお得!」
なんていいう心理が働きます。


「限定」は、簡単に作れる


限定は商品そのものでも良いですが、
・販売する期間を限定する
・販売する店舗を限定する
・販売する顧客を限定する
このような形でも「限定商品」作れます。

もちろん商品自体も
・色や形状を変える
・特典をつける
などで簡単い限定性を持たせることが可能です。




メルマガでも販売促進教えてます♪


ブログでは、ライトな販売促進方法をアップしていますが、

メルマガでは
「悪用厳禁!誰でもデキるハンソクワザ(販促技)14日間講座」として
もう少し実務的な内容をお伝えしています。


もちろん無料です( ^ω^ )
登録はこちらから!

LINE@でも木下和紀と繋がりませんか?

LINE@では、実際にビジネスを成功させるためのアドバイスを
毎日配信しています(^_^)
「アントレプレナークリニック」の無料お申し込み特典も付いています。

LINEメニューのその他 ⇒ 友達追加 ⇒ ID検索 と進み、
@kinoshitakazukiを検索して、友達追加を完了させて下さい。

コメントを残す