【企画創造 vol.1】「つなぎびと」で”セカンドファミリーライフ”を楽しもう

993021_528198310549287_597158803_n
Share on LinkedIn
このエントリーをはてなブックマークに追加

「 つなぎびと 」

エンディングノートや終活が最近、注目を集めていますが、
そういったものの存在を知っているけど、
なかなか自分ではやらないと言う高齢者の方が多いと聞きます。
また、遺書がないことによる遺産分配等の問題が多いそうです。
そこで、考えたのが、
「 つなぎびと 」

(ネーミングは、「おくりびと」を参考にしました^^;)
親子の縁を繋ぐ、新たな職業デス。

定年退職後のセカンドライフがあるように、
定年退職後の親子の縁を繋ぎ、”セカンドファミリーライフ”を提案します。

993021_528198310549287_597158803_n


一般的に、子どもが生まれたら、
まずは成人して社会に出るまで面倒を見ようと親達はがんばりますが、
その後は関係が薄くなってしまう家庭も少なくありません。

そして、正月くらいにしか逢わないようになったり、
最悪の場合、何年も逢わないようになってしまい、
高齢者の孤独死を招くことすらあります。

そこで、つなぎびとが高齢になった親子のコミュニケーションの機会を持つよう働きかけ、
エンディングノート等を一緒に書く機会を提供したり、
また、親子での旅行を企画したりと、
第二の親子の縁を繋ぐお手伝いをしていきます。

この活動に絡めて、ちまたで問題になっている相続の話も事前に行い、
トラブルを防ぐことも出来るでしょう。
「 つなぎびと 」として”新たな価値観”を啓蒙していく活動を
セミナー開催や祖父母と孫で参加デキるイベント開催、書籍出版などで進めていきます。
いくいくは、協会設立等の家元制度にも繋がりますね。
高齢化社会を迎えているからこそ、
今一度、”セカンドファミリーライフ”を考えてみては如何でしょう?

/////////////////////////////////
今回のアイデアは如何でしたか?

アナタのご意見が原動力です!
ぜひ採点してくださると嬉しいです(^0_0^)

LINE@でも木下和紀と繋がりませんか?

LINE@では、実際にビジネスを成功させるためのアドバイスを
毎日配信しています(^_^)
「アントレプレナークリニック」の無料お申し込み特典も付いています。

LINEメニューのその他 ⇒ 友達追加 ⇒ ID検索 と進み、
@kinoshitakazukiを検索して、友達追加を完了させて下さい。

コメントを残す