販売促進に使える即効テクニック「雨の日でも売上アップ!」

雨の日の売上
Share on LinkedIn
このエントリーをはてなブックマークに追加

雨の日の売上
kizakiyuya
ムービングページクリエイターの木﨑雄也です。

いよいよ梅雨があけて暑い日が続いていますが、
今更ながら「雨」「売上」の話題です。
まぁ、これから夕立、台風の季節になりますので、是非ご参考に♪


「アイデアマネタイズ通信 ジーニアスラブレター」
の方でも、販売促進について講座をやっていますが、
こちらでも簡単なテクニックや事例をご紹介していきたいと思います。


雨の日はピンチでなくチャンス!!


小売店や飲食店は、雨の日になると客足が遠退き、売上が落ちるので雨を嫌うお店が多いでしょう。

しかし、みすみす売上が落ちるのを受け入れるわけにはいきませんよね。

ネガティブなことも、ポジティブに捉えて雨のときこそできる販売促進をしてみましょう。

雨の日にご来店の方には、
「粗品プレゼント」「○○円引き」なども悪くはないと思いますが、
販売促進としては、ベストではないでしょう。

雨で困っていることを解決してあげるのが、お店のファンになり、販売促進へと繋がります。


想いやりの販売促進


雨で一番困るのが、「傘がない!」です。

店に入った時には降っていなかったけど。
お会計すませて出たら降っていたなんて、よくあります。

そんな時に、「傘つかってください」と貸してもらえたら嬉しいですよね。
また来店してもらう理由を作ることもできます。


もっとライトな想いやりとしては、
来店したら「傘を預かるサービス」も効果的です。

ブティックなどでは、有効でしょう。
「お気に入りの傘を傘立てにさすのはちょっと…」という女性は意外と多いようです。

そんな時に、傘を預かってあげれば、邪魔にもならずに安心して買い物をすることができます。
引き取るときに店員に声をかけるので、どうしても「何か買わないとかな?」という心理が働きます。


最後に飲食店の例ですが、
もともと雨の日の売上が倍増する販売形態があります。

ピザや寿司などの「宅配」です。

雨の日に待っていても来ないのであれば、宅配サービスを始めるのも一つの手かもしれません。
人手が余りやすい雨の日限定で行っても構いません。


「雨の日にわざわざ来てくれてありがとうございます」という気持ちと一緒に
「どんなことに困っているか?」を考えられると販売促進につながるキャンペーンが生まれると思います。

是非、自社にあてはめて考えてみて下さいね♪


メルマガでも販売促進教えてます♪


ブログでは、ライトな販売促進方法をアップしていますが、

メルマガでは
「悪用厳禁!誰でもデキるハンソクワザ(販促技)14日間講座」として
もう少し実務的な内容をお伝えしています。


もちろん無料です( ^ω^ )
登録はこちらから!

LINE@でも木下和紀と繋がりませんか?

LINE@では、実際にビジネスを成功させるためのアドバイスを
毎日配信しています(^_^)
「アントレプレナークリニック」の無料お申し込み特典も付いています。

LINEメニューのその他 ⇒ 友達追加 ⇒ ID検索 と進み、
@kinoshitakazukiを検索して、友達追加を完了させて下さい。

コメントを残す