コンバージョン率に2倍の差が出たランディングページの○○とは?

IMG_1189k
Share on LinkedIn
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、毎日の健康法は一日一杯暖かいお茶!

完全緑茶派の高橋です!
・・・・・・・・・・・・・・・
ランディングページは制作後反応率を見ながら様々な修正を加えていくのがセオリーです。

一般的にランディングページで修正する内容としてはヘッドコピーを変えたり、オファーを変えたり、色々あると思うのですが
実はヘッドに入っている人あるモノを変えるだけで
コンバージョン率がちょうど
2倍!!
になったという事例があります。

それは実は、、、

 

人の顔

 

なんです。

よく言われるのが女性の方が反応率が良いとか、
具体的に製品、サービスを使用しているイメージがわく画像が良いとか
なんですが、、、

その事例は違う男性2名をそれぞれのページのヘッドに入れて
コピー、デザイン、オファーなどは全く同じ内容でテストしたところ

コンバージョン率にちょうど2倍の差が出た!!!!

ということなのです!

しかも2倍のコンバージョン率をたたき出した方は
モデルでもなく特別かっこいいわけでもなくそのサービスに関わっている
プログラマーの方でした。
(ちなみにその男性二人は服装も同じ黒いTシャツをきてバストアップの写真でした。)
コピーや写真を変える事で変化することはよく聞きますが
服装も同じという事を考えると
サービス内容とはほぼ関係のない人の顔を変えただけでここまで差が出るものなんですね!

そういう事があるからネット集客って面白いんですよね!

//////////////////////////////////////////////////////////
ネット集客にかなり力を入れたけど結局集客につながっていない・・・

もう時間もコストも無駄にはしたくない!!!

そんな方は一度60分のビジネス診断”アントレプレナークリニック”でご相談下さい。
企画創造の専門家木下和紀が目からウロコの集客方法をご提案致します
>>アントレプレナークリニックのお申し込みはこちら<<

LINE@でも木下和紀と繋がりませんか?

LINE@では、実際にビジネスを成功させるためのアドバイスを
毎日配信しています(^_^)
「アントレプレナークリニック」の無料お申し込み特典も付いています。

LINEメニューのその他 ⇒ 友達追加 ⇒ ID検索 と進み、
@kinoshitakazukiを検索して、友達追加を完了させて下さい。

コメントを残す