「黒字マーケティング」実現のための4つの数値とは?

117
Share on LinkedIn
このエントリーをはてなブックマークに追加

《 「黒字マーケティング」実現のための4つの数値 》

今日は会計のお話を。

利益”率”だけを目標とするのではなく、
利益”額”を目標とした戦略構築は必要不可欠です。

今まで、利益”率”の目標を固持するが故に、
悲しいかな、赤字に転落する企業を何社も見てきました。

《 黒字になるマーケティング戦略 》
続きの話をしたいと思います(^0_0^)

117


4つの数値

黒字を維持したいなら、
まず把握すべき4つの数値があります。

①「 変動費 」
②「 固定費 」

③「 損益分岐点売上高 」
 ⇒ 損益分岐点売上高=固定費 ÷(1−変動比率)

④「 安全余裕率 」
 ⇒ 損益分岐点売上高÷実際の売上高=安全余裕率

 

先の記事で、会社から”出ていくお金”の話しをしましたが、その中には、
”売上に応じて変動する部分” と、
”売上に関わらず固定的に発生する部分” があります。

これが、「変動費」と「固定費」

「損益分岐点売上高」とは、
その名の通り、損を出すか益を出すかの境目の売上高ですね。

「安全余裕率」とは、
売上高が何%下がっても 黒字 を確保できるかという比率デス。

 

まず、これらの数値を把握することが
《 黒字マーケティング 》の第一歩デス。
ここから先は、別の機会に事例を紹介していきますね。

それまでに、アナタの会社の上記の数値を算出してみてください。

 

 

LINE@でも木下和紀と繋がりませんか?

LINE@では、実際にビジネスを成功させるためのアドバイスを
毎日配信しています(^_^)
「アントレプレナークリニック」の無料お申し込み特典も付いています。

LINEメニューのその他 ⇒ 友達追加 ⇒ ID検索 と進み、
@kinoshitakazukiを検索して、友達追加を完了させて下さい。

コメントを残す