【企画創造 vol.13】レシピバーコード〜レシートでレシピ出力

cashier-career-guide1-300x199
Share on LinkedIn
このエントリーをはてなブックマークに追加

私はあまり料理をしません。

それでも、スーパーにいくと、
「たまには何か創ってみるか!」
と思うものの、
レシピがわからず、結局お惣菜を買って帰ることに。。

そんな私でも料理を楽しめるように、
こんな企画を考えました(^。^)y-.。o○

cashier-career-guide1-300x199



『 レシピバーコード 』

スーパーのレジを終えた後の袋詰めをする場所に
コピー機などの出力機を置きます。

その出力機には、バーコードの読み取りリーダーが付いていて、
自分が購入した商品のバーコードをかざすと、すかさずその商品を
使ったレシピが出力されるんです!

レシピは、一人一枚で、
一枚には4分割で4つのレシピまで印刷できます。

つまり、4つの商品のバーコードを連続でリーダーに通すと、
4つのレシピが1枚で出力されます。
これだけ簡単な操作なら、老若男女、誰でもできますよね。
かざすだけだから、ATMより簡単なのでお年寄りでもできます。

さらに、出力及び枚数管理を制限するのもアリですね。

制限しておいて、
お店の会員カードを最初にかざすことで制限が外れ、
新規会員獲得策としても有効です。

キッチンで見ながら作ることを考えると、
情報端末やレシピ本より、紙の方が便利そうです。

汚れてもそのまま捨てれますし、気に入れば、
ファイリングもできます。
冷蔵庫の扉にマグネットで貼っておくことも♪

出力用紙と出力費は、
食品メーカーの広告を予め裏面に印刷しておき、
その広告費でまかなうことも出来ますね。
もちろん、自店広告でもOK!

情報は数あれど、誰にでも活用されるに至るには、
誰にでもできる操作で、いかにシンプルにするかが
ポイントでしょうね(^0_0^)

LINE@でも木下和紀と繋がりませんか?

LINE@では、実際にビジネスを成功させるためのアドバイスを
毎日配信しています(^_^)
「アントレプレナークリニック」の無料お申し込み特典も付いています。

LINEメニューのその他 ⇒ 友達追加 ⇒ ID検索 と進み、
@kinoshitakazukiを検索して、友達追加を完了させて下さい。

コメントを残す