整体 経営 石濱ご夫妻 から コンサルティングのご感想を頂きました!

10364160_558580810930608_1071230503791859292_n
Share on LinkedIn
このエントリーをはてなブックマークに追加

整体 経営 石濱ご夫妻 から コンサルティングのご感想を頂きました!

10364160_558580810930608_1071230503791859292_n

こんにちは!
合同会社Dreshスタッフの高橋香織です^^


今回は、
整体 癒楽をご経営されている石濱ご夫妻

コンサルティングサービスの
ご感想をお聞き致しました!


Q 木下に逢う前にお困りだったことは?


(尚子さん)
院の経営自体は
そんなに困っていなかったのですが、


新しく(技術者を増やすための)アカデミーを始めたりだとか、
事業を大きくしていくにあたって、

何から踏み出していいかが、わからなくて。


ゼロから1にする、その一歩が、
う〜って感じで(笑)

ずっと1年ぐらい、
あれに手を出しちゃぁ、手を引いたりとかで
思考もまとまらないまま、進みませんでした。


Q アカデミーの事業に力を入れていたんですね。


(尚子さん)
そうですね。
アカデミーの生徒を募集していました。

大きくしていって、
組織にしたかったんですよね。

それなのに、1歩が踏み出せなくて。


Q 組織にするというのは・・・?


(尚子さん)
整体の技術者を、
私たちのグループとして増やしたかったんです。


全国各地、1県に1つ、
店舗を広めたいと思っていて。

ということは、
全国に技術者が必要になってくるんですよね。

でもその方法も
どうしたらいいか分からなくて。


フランチャイズを立ち上げればいいのか、
協会を創ればいいのか・・・


直営は難しい、
とは思っていたんですけどね。


ぼやっとしながら、
1歩が踏み出せないでいました。


Q 具体的にどんなことをご自身でされましたか?


(尚子さん)
まずfacebookで広めていけばいいのかと思い、
facebookに手を出し、
戦略も何もないままやって、何も動かず。(笑)


じゃぁセミナーで人を呼べばいいのか、と思って
セミナー内容も決まらないまま、

どうやったらいいのかを知りたくて、
セミナー開催のためのセミナーに行ってみたり、
人のセミナーに参加してみたり・・・


焦る一方で、何もできませんでした(笑)


Q 他に何かされましたか?


(尚子さん)
あとは、じゃぁYoutubeがいいのか、と思い、
Youtubeに登録してみて、とか・・・


WordPressブログなのか、と思い、
そこに手を出してみたり(笑)

それが一番ぺしゃんこになりましたけどね。


Q 本当に色々されたんですね!


(尚子さん)
私が一人で
もがいていましたね(笑)


Q 木下和紀を知ったきっかけは何だったんでしょう?


(尚子さん)
アカデミーの事業をやろうとして、
まずHPが必要だってなった時に、

HPを高橋毅さんという方にお願いしていて。


その高橋毅さんから、
ゆめいし(夢名刺)を創るイベントのお誘いを頂き、

(イベント主催者の)木崎雄也さんに逢い、
その時、木崎さんとお話していて、


(ヴィジョンが)見えてない、
デキそうだけど、あと1歩だ、


っていうのを再確認したんです。


ちょうどその時、木崎さんから
アントレプレナークリニックの案内も頂いたので、

じゃぁ行ってみようかな、と。

Q 木下に逢った際の第一印象は、いかがでしたか?


(尚子さん)
もうそれは本当に、
「あれ、写真と違うな〜?」って(笑)


Q 笑 どんなお話をされましたか?


(尚子さん)
頭の中がぐちゃぐちゃだったので、
全部吐き出して。

それで、今度は(正さんと)2人で来て下さいってなりました。

「それが一番難関です」って答えましたけど(笑)


Q では、お2人で木下に逢った時、
正さんからみての第一印象はいかがでしたか?


(正さん)
あ、また胡散臭いな〜と。
チャラい感じだな〜と。



こうゆう方って、
結構ラフな格好をされるじゃないですか。

だから、あぁこの人もかって。


早くこの1時間過ぎないかな〜って思ってましたね。


(尚子さん)
それは初めて聞きました(笑)


(正さん)
でも、喋り始めた時は違いましたよ!


「あっ」って思いました。


Q どういった所で、「あっ」て思ったんでしょうか?


(正さん)
実際にやったことがないと、
出てこない言葉をおっしゃっていたんですよね。


ちょっと抽象的で分かりにくいんですけど、

この人は本当に”やろう”としているんだなって、
本気度が伺えたので。


ちょっとお願いしてもいいかな、
って思いましたね。


あと、私が悩んでいたり、モヤモヤしていたものが、

(その1時間の中の)説明の中で、
ちょっとスッキリしてきたんですよね。


それも
(印象が変わった理由として)あると思います。


Q コンサルタントのイメージが、変わりましたか?


(正さん)
そうですね。

マイナスだったところから、
一気に、プラスになりました。


(尚子さん)
こう思ったのは木下さんだけですね。

だから、
コンサルタントっていうよりは、
”木下さん”にお願いしている、っていうイメージですね。


(正さん)
そう、”木下さん”にお願いしてる、って感じです。
意味は同じなんでしょうけどね。


Q 2回目に逢ったときは、
どんなお話をされましたか?


(尚子さん)
1回目で、ぶわ〜っと私が喋ったときに、
色々ありますけど、どうしますか?って聞かれていて。

整体院のこともできるし、
尚子さん個人のブランディングもできますよって言われていました。


で、2回目に逢うまでに、

私としては、自分のことは後回しで、
まずは院の基盤を固めたいなって思ったので、


2回目は、
全体の基盤を整えるためのアドバイスをもらいました。


Q 木下のコンサルティングを受ける決め手になったのは、何でしたか?


(尚子さん)
私は、一番最初に伺って話を聞いたときに、
「もう何とかしてお願いしたい」と思っていました。


(正さん)
もちろん、料金のこともあるので悩みましたが、

1時間の説明を聞いた時に、


自分たちでやっても、
辿り着けるかもしれないけど、

この人にお願いすることで、
もっと早く実現するんじゃないかなっていうビジョンが見えたので、


それが決め手ですね。


Q 実際にコンサルティングを受けて、どうなりましたか?


(尚子さん)
2人の、事業に対する認識が一致しました。


それまで気づかなかったですけど、
若干、ズレがあったんですよね。

それがしっかり一致しました。

それは、本当に大きいです。


Q 一致する前と、一致した後では、どんな違いがありましたか?


(尚子さん)
足並み揃って進められる感じです。

この間、こっち(正さん)のビジョンが明確になった時に、
「あぁ、これでイケるな」と思いましたね。


バラバラのつもりもなかったんですけど、

足並み揃って振り返ってみると、
バラバラだったんだ、と思います。


Q 正さんは、いかがでしょう?


(正さん)
手段も色々教わりましたが、

その前に、
問題が浮き彫りになったところが、
得られたことですね。


(尚子さん)
うん、問題って、何となく分かっていても、
人って見てみぬフリをしたがるじゃないですか。

そこをサラっと浮き彫りにされたので(笑)


そこが見えてくると、対処法も見えてくるので、
それが大きいですよね。


(正さん)
そう、対処法が学べました。

あと、問題に向き合う方法が(笑)


(尚子さん)
たとえば、

(ブランディングを考えた時に)
私は広く浅く、なんでもある程度はできてしまうんですが、
その分、1つ1つに対して深くない。


っていうところを、

最初お逢いした時に浮き彫りにされて、
すごい悔しかったですね。


その日は泣きましたし、熱も出しました(笑)


こっち(正さん)はこっちで、

最近なかなか、
熱くなれることがないことに悩んでいましたけど、

それが段々ハッキリしてきていますね。


Q 他に何か、
コンサルティングを受けてから変わったことはありますか?


(正さん)
スケジュールを組むようになりましたね。


(尚子さん)
今までも、なんとなく、頭の中にある「やること」を、
毎日書き出してはいたんですよ。


(正さん)
だけど日付までは入れてなかったもんね。


(尚子さん)
あと、その時、頭の中にあることを書き出したので、
その場の感じでしたね。


今は、先を見ながらやっていて、
未来から逆算した行動になるので、
それは大きいです。


Q 様々な変化が起きていらっしゃいますね!
  では、木下和紀を一言で言うと、どんな人でしょう?


(正さん)
表に出ない、松岡修造。


うわーうわーとは、やっていないけど、
内に熱いものを秘めていて・・・

爽やかな、松岡修造。


(尚子さん)
爽やかか?笑


(高橋)
写真は、爽やかですよね(笑)


(笑)


(尚子さん)
木下さんの目は、見てると、
何でもこう見透かされているというか。


あと、


大丈夫だよって
言ってくれているような感じで。


なんなんでしょうね、この感覚は・・・


私のおかぁちゃんの目も、
そんな目をしていましたね。


先生というか・・・何て言うんでしょう・・・


導いてくれる人、ですね。


だから、爽やかという印象はないです(笑)


Q お2人でしたら、
木下をどんな方にオススメしたいですか?


(尚子さん)
迷っている方。
迷いがある方。


やりたいことに対して迷いがあったり、
どうしていいかわからない とか、
立ち止まっちゃっている人とか、
夢がない人に、オススメしたいですね。



(正さん)
やりたいな、と思うことがあるのに、
もがいていて、先に進めてない人がいれば、
1日でも早く(木下を)ご紹介したいですね。


石濱尚子さん、石濱正さん、
ありがとうございました(^o^)


今後も尽力していきますので、
どうぞよろしくお願い致します!!




《 現状から一歩踏み出したいのに、一人でもがいている方へ 》

アントレプレナークリニックで
一度、頭の中を整理しませんか?


お申し込みはコチラから↓
>>>アントレプレナークリニック<<<

LINE@でも木下和紀と繋がりませんか?

LINE@では、実際にビジネスを成功させるためのアドバイスを
毎日配信しています(^_^)
「アントレプレナークリニック」の無料お申し込み特典も付いています。

LINEメニューのその他 ⇒ 友達追加 ⇒ ID検索 と進み、
@kinoshitakazukiを検索して、友達追加を完了させて下さい。

コメントを残す