お客様の声 パズルイングリッシュの生みの親 佐々木未穂さん

IMG_3527
Share on LinkedIn
このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様の声 パズルイングリッシュの生みの親 佐々木未穂さん

IMG_3527
 
 
Q 未穂さんが木下に逢う前に悩んでいたことは何でしょう?
 
 
悩んでいたことは、
やっぱりずっと主婦だったのでね、
志とかやりたいことはあるんだけれども

お金のこととか、たとえばSEOのこととか、
いわゆるビジネスに必要な、労務なこととか、
もう全てですよね。

会社をつくったこともないですし、
全てについて無知だったので

誰か代わりにやってくれないかなって思っていました。
 
 
Q何から手をつけていいかわからなかったということですね。
 木下に逢う前に、何か自分でやってみたことはありますか?
 
 
あります。

とりあえずそうゆうわけですから、
コンサルタント、
いわゆるプロデューサーを見つければいいんだと思い立ったんです。

だからこう自分でプレゼン資料つくって、プロデューサー求む って
色んなところでプレゼンしたんです。

それで和紀さんに逢う前に、2人話ました。
 
 
Qいかがでしたか?
 
 
1人の方とは、私と方向性が合致しなかったので、
いい方だったんですけど、その方とは何もやりませんでした。

もう1人の方は、センスもいい方で、
「もう明日からやりましょう」ってなってね。

だけど、2、3回やって、
途中で連絡が取れなくなったんですよね。

その時は、何が起きたか分からなかったんです。
 
 
Q えー!それ、お金は払ってはなかったんですか?
 
 
払ってないです。

色んなこと話し合っている段階で、
連絡取れなくなっちゃったんですよね。

っていう経験もありつつ、
3人目が、和紀さんでした。

知人から、
「僕一人、プロデューサーしってるよ」

って言われて。

それで和紀さんのことを知りました。
 
 
Q最初の印象はどうでしたか?
 
 
最初は、
(別企画の)パートナーの説明会に来ました。

その時は彼がプレゼンしてくださったんですけど、
素晴らしくねぇ、頭のいい方で、明確だな、と思いました。
 
 
Qその後もう1回逢ったんですか?
 
 
そうなんです。

そのパートナーの企画は、
私の思っていた趣旨とちょっと違ったので、

自分のビジネスのコンサルティングをお願いするために。

でも自分には、
目利きがなくてバックられている経験がありましたので

知人に

「こういうコンサルタントの方がいるから、
一緒についてきてくれないか」

ってお願いして、
ついてきてもらったんです。

その時、私が和紀さんに感じたのは、
すごい頼りになる方だな、と思いましたし、
すごい誠実な方だな、と思いました。

ついて来てくれたパートナーの感想は
「とってもいいんじゃないの!?」っていう風に。

「僕がやってもらいたいぐらいだよ」っていう風に言って帰ってました(笑)
 
 
Qそれで逢ってから、コンサルティングを受けるってことになったんですか?
 
 
いえ、今度は娘ともう1回逢いました。

「彼にお願いしようと思うの!」って言ってたら、
娘が、「コンサルタントって胡散臭いな!」って言い始めて、
私がついていく、と!

マネージャーのようについてきてくれました(笑)
 
 
Qその時はいかがでしたか?
 
 
娘はですね、人柄がいいねって(笑)

こうして、

自分的には、
最初逢ったときに、いいなって思い、

能力的には、
さっき話した知人が血判を押しまして、

人柄は、娘からOKが出たので、

コンサルティングを受ける決断をしました。
 
 
Qじゃぁ、コンサルティングを受ける前に、
 何かこう迷ったり不安だったことはなかった?
 
 
いえ、知り合いの紹介ということもあり、
それはないですね。

自分と合うかどうか、だとか、
自分のことをプロデュースしてくれるか、とか、相性がいいかどうかっていうのは
直接逢ってわかったので。
 
 
Qコンサルティングを受け始めてどのくらいですか
 
 
3ヶ月ですね。
 
 
Q3ヶ月経ってみていかがですか?
 
 
うん、そうですね、何度か申し上げてますけど、
すごく満足してます。

コンサルティングして頂くのは初めてだったんですけど、

最初から、コンサルタントに、
何かをしてくれるっていう風には期待していなかったですね。

それよりも、こう分厚い(実践書)を見て、
彼がね、すごい勉強されてるな、と思って。

100万円払って、勉強しようと。
先程も言ったように、無知だったので、
今の私にはピッタリだなっと思って。

予備校に通うような(笑) そうゆうスタートだったんですね。

ですから、そのままでもよかったんですが、

一番よかったことは、
人に行動を起こさせるようなコンサルタントってことですかね。

行動するようになりました。

前進してる。

すごくいいことですよね。

それはなんでかって考えてみると、
彼が「教えないから」です。

教えてもらったら、そのことだけをしたと思うんですが、
自分のシゴトはつくれないでしょうし、
苦しむこともないですよね。

和紀さんのコンサルタントとして有能な面だと思います。

たぶん、いろんな引き出しがあるんでしょうけど、
彼は教えないですよね。

クライアントさんがちゃんと動くために。

それがホントに、素晴らしいところですよね。
 
 
Q他には、何かありますか?
 
 
あと、私の精神がすごい安定するんですよ。

これはもの凄いボーナスポイントなんです。

今まで何人かと一緒にビジネスすることがありましたけど、
焦ったり、不安にさせられたりしたことがあったり、
逆にウキウキし過ぎたり。

そうゆうことがなく、
常にニュートラルな状態でデキるのがいいですね。

あと、毎日日報を書くんですが、
人生に色々ブレイクダウンとか疲れることがあると、
日報を書かない日があるんですが、

そのことを、悪いことだと思わせない。

サボってしまった、ダメだ、とか、
そうゆう風にさせずに、1週間後には復活できてる。

「出てませんけど、どうしましたか?」とかもないですし。

最初、この人読んでるのかな、日報、
と思いましたけどね(笑)

だけど、ちょっと落ち込むことがあって、
って書くと、

励ましが返ってくるので、
あぁちゃんと日報読んでるんだ、と思ったんですよね。

これもやっぱり彼が、
余計なことを教えない、余計なモチベートをかけたり、
余計なうんちく述べたりしない人なんだ、っていうのを発見しましたね。

わざとなのか、そうゆう方なのか、ということは分かんないですけど、
私には、とてもいいんです。
 
 
Qコンサルタントとしての木下和紀をススメるとしたら、何点ですか?
 
 
9点ぐらいですね。

あとの1点は、やっぱり相性の問題がありますから。

能力的には、自信をもって「いいんじゃないですか」と言えますけど、
やはり、リレーションシップのことってありますよね。

だから−1点ですね。
 
 
佐々木さん、ご協力ありがとうございました(^o^)
 
 

LINE@でも木下和紀と繋がりませんか?

LINE@では、実際にビジネスを成功させるためのアドバイスを
毎日配信しています(^_^)
「アントレプレナークリニック」の無料お申し込み特典も付いています。

LINEメニューのその他 ⇒ 友達追加 ⇒ ID検索 と進み、
@kinoshitakazukiを検索して、友達追加を完了させて下さい。

コメントを残す