ビジネスモデルを見直すアイデア発想のヒント 〜性別〜

ユニセックス
Share on LinkedIn
このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスモデルを見直すアイデア発想のヒント

こんにちは、
公認会計士兼マーケティングコンサルタントの木下和紀です。

明日は朝から築地ツアーにいってきます(^。^)y-.。o○
ちゃんと起きれるか、今から不安だ。。
いっそ寝ないでいこうか。。

 

さて、今回は、
新商品・新サービスの開発に関して、
ビジネスモデルを見直すアイデア発想のヒントのお話をします(^0_0^)

僕が思う社長のシゴトは、
①新規顧客開拓
②新商品・新サービスの開発
の2つ。

この後者に関連するお話です。

 

性別でのターゲティングを無視しよう

男女の性別によりターゲティングを行っている方へ。
あえて、その常識を取っ払ってみませんか?

キーワードは、『 ユニセックス 』

ユニセックス

 

この先駆けは、
カルバンクラインの香水「ck one」

それまで女性がつけるものとされていた香水を
男性用にも魅せることにより、
男女共用で使おうという流れが生まれました。

10分1,000円カットの「QBハウス」でも
女性スタイリストを増やすことにより、
これまでの男性客だけのターゲティングから、ユニセックスな路線に変更。
女性客を取り込んで、成功を収めています。

 

男女共通の潜在的ニーズ

ユニセックスな路線変更による
ビジネスモデルの見直しのポイント、

それは、
「 男女共通のニーズを見極めること 」

 

そして、このニーズは、
いずれかにおいては顕在化しておらず、
潜在的にしか見えてこない場合がほとんどです。

だからこそ、
革新的な利益を生み出すことを目指すベンチャー起業家にとっては
挑戦しがいがあるんですね(^0_0^)

潜在的ニーズを発掘することが出来れば、
追加のコストを極力抑えて、アイデア一つで
新たな収益源 を創ることも可能となります。

 

ユニセックスな、潜在的にしか見えてこないニーズを見極め、
ビジネスモデルをカタチ為すための質問がこちら。

「 女性向けサービスの中で、男性が潜在的に受けたいと思っているものは何か? 」
「 男性向けサービスの中で、女性が潜在的に受けたいと思っているものは何か? 」

 

常識 を疑うその目にこそ、
大きな ビジネスチャンス は眠っています(^。^)y-.。o○

 

追伸

年商を2倍にするための具体的事例を知りたい方は、
無料メルマガにご登録くださいね^^

》》》無料メルマガ「ジーニアスラブレター」の登録はコチラ《《《

 

 

LINE@でも木下和紀と繋がりませんか?

LINE@では、実際にビジネスを成功させるためのアドバイスを
毎日配信しています(^_^)
「アントレプレナークリニック」の無料お申し込み特典も付いています。

LINEメニューのその他 ⇒ 友達追加 ⇒ ID検索 と進み、
@kinoshitakazukiを検索して、友達追加を完了させて下さい。

コメントを残す