【企画創造 vo.11】夢共育 〜 新たな「夢」の価値観を創ろう♪

夢の人文字
Share on LinkedIn
このエントリーをはてなブックマークに追加

夢がないという大人が多いけど、
夢を語り慣れていないだけ。
夢を忘れてしまっているだけ。

”夢のかけら”はみんなの心の中にあると
僕は思います。

夢に対する価値観を変えて、
みんなが夢に本氣に活きれば
この日本は元気になる!!

そう信じています。

そこで、こんな企画はどうでしょう?

夢の人文字



《夢共育 〜 新たな「夢」の価値観を創ろう♪》

場所は廃校。
親子で参加してもらうイベントを開催。

行うは、『 逆授業参観 』
親が席に座り、子どもが後ろにいます。

そこで、親達に、
「夢」を発表してもらうんです♪

親子で夢をシェアして、
子どもから、親に手紙を書いてもらいます。
手紙の内容は、パパもしくはママの「夢の応援」

そこで親子で夢をシェアした後に、
体育館に移動します。

そこには、真っ白いジグゾーパするがあって、
カタチは「夢」の文字になっています。

そのピースを各家庭に渡して、
親子で、さっき親が発表した夢をピースに書いて、
日付も書き、絵もカラフルに書いてもらいます♪

そして、それらのピースを一つに合わせて
再び「夢」という字にして、
参加者全員で記念撮影をします。

イベントはここで終了ですが、
本当に大事なのはここから(^_-)-☆

ピースをまた各家庭に配って、
額に入れて、写真と手紙とともに、
プレゼントします。

そして、それを持って帰ってもらい、
家の居間に飾ってもらうんです!

夢を追いかけていると、
どうしても子どもとの時間を犠牲にしなくてはいけない時が
あるかもしれません。

でも、居間にその額が飾ってあれば、
親の帰りが遅くなっても、子どもは、

「パパはあの夢を叶えるために、がんばってるんだ!」
「ママは、あの夢を僕に見せてくれるためにがんばってるんだ!」

と思えるのです。

そして、親の夢の第一の応援者になってくれるんです(^0_0^)

そうすれば、子どもの中には、
「夢」が当たり前となり、
「夢」を追いかけて本気になることが当たり前な価値観が生まれます。

そして、大人になった時、
今度はその子が「夢」を叶えるために、
行動することがデキルように成るんです♪

こんなイベント、どうでしょう?

夢の力で、日本を元気にしたいですね!!
(^。^)y-.。o○

LINE@でも木下和紀と繋がりませんか?

LINE@では、実際にビジネスを成功させるためのアドバイスを
毎日配信しています(^_^)
「アントレプレナークリニック」の無料お申し込み特典も付いています。

LINEメニューのその他 ⇒ 友達追加 ⇒ ID検索 と進み、
@kinoshitakazukiを検索して、友達追加を完了させて下さい。

コメントを残す