収入の自動化 ( オートパイロット化 ) のための仕組み

収入の自動化
Share on LinkedIn
このエントリーをはてなブックマークに追加

収入の自動化 ( オートパイロット化 ) をしたいアナタへ

こんばんは、
公認会計士兼マーケティングコンサルタントの木下和紀です。

収入の自動化
(月1の合同ミーティングの際の誕生日パーティー)

 

今回は、収入の自動化 ( オートパイロット化 )  を実現するために、
意識すべきポイントをお話しします(^0_0^)

まず、最も大事なポイントから。

それは、
「全てを自社で行おうとする思考を捨てる」ということ。

素晴らしい成功を収めた企業の多くは、
商品製造をせず、製品出荷もせず。
電話応答もせず、顧客へのサービスもしていません。

こういった”業務処理”サービスを実行したり
インフラを整えてくれたりする会社は数多く存在します。
実際、会計士時代には、
こういった会社の内情を数多く見てきました。

大切なのは、そういった会社を見つけ出し、
関係を築くことです(^_^)

目標はいつだってシンプルに。

『 収入の自動化 』

ここからずらしてはイケません。

 

「時間」と「キャッシュフロー」

そのために意識すべきは、世間の”常識”ではなくて、
「 時間 」「 キャッシュフロー 」の2つだけ。

吸引の法則をご存知でしょうか?

「息を吸って吐くように、
自分の求めている全てのモノを惹き寄せる法則」

の事であり、たえず注目しているもの程、たくさん手に入るのが世の常なのです。

私がアドバイスしてきた事業主の方で、
当初、朝から23時まで
それこそ、商品製造、電話応答もせず、顧客へのサービスに
追われる毎日を送っている方がいました。
土日も仕事になる日がほとんど^^;

しかし、収入の自動化の仕組みを伝えたところ、
その後、1ヶ月で全くの別の収入源で30万円以上の利益を生み出し、
今では、新規事業で月商で200万円を目指すまでになっています。

もちろん、その方のゴールは、
『 収入の自動化 』

そのための仕組みづくりに今はワクワクしているそうです(^。^)y-.。o○

 

あなたの会社の仕組み、そのままで大丈夫ですか?

ビジネスモデルは数多くあります。
多くの人は、とりあえずビジネスモデルを選択し、
何となく利益が生まれる”仕組み”の中にいます。

もう一度、”仕組み”を見直しましょう!!

「時間」と「キャッシュフロー」の2つを意識し、
『 収入の自動化(オートパイロット化) 』を目指せば、
あなたのビジネスライフは180度変わります(^_-)

 

  追伸

あなたの会社の収益モデル、見直しませんか?

努力間無く年商を2倍にする具体的な方法をお伝えしていきます(^0_0^)
無料メルマガ登録はコチラ

 

LINE@でも木下和紀と繋がりませんか?

LINE@では、実際にビジネスを成功させるためのアドバイスを
毎日配信しています(^_^)
「アントレプレナークリニック」の無料お申し込み特典も付いています。

LINEメニューのその他 ⇒ 友達追加 ⇒ ID検索 と進み、
@kinoshitakazukiを検索して、友達追加を完了させて下さい。

コメントを残す