アイデアとは? 〜イマジニアクエスチョン

木下和紀 公認会計士
Share on LinkedIn
このエントリーをはてなブックマークに追加

アイデアとは、

こんにちは、
オフィスに入っている社食のようなカフェがあるのですが、
セルフで取るのでいつも取りすぎて食べ過ぎて、、、
この時間は少しの後悔と少しの眠気と戦っているプロポーザルコンサルタント兼公認会計士の木下和紀です。

運動しなきゃ。。。

木下和紀 公認会計士

さて、
まずは彼ら偉人のコトバを聞いてほしい。

『アイデアとは、
  既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない』
ジェームズ・W・ヤング

『既存の要素を新しい一つの組み合わせに導く才能は、
  事物の関連性をみつけ出す才能に依存するところが大きい』
ジェームズ・W・ヤング

『コチコチの石頭からは、アイデアなど期待できるわけがない。
  絶えず広い視野を持つように平素から心がけ、
  他人の言などにもプラスになるものを学びとることだ』 本田宗一郎

『ほとんどすべての人は、
  もうこれ以上アイデアを考えるのは不可能だというところまで行きつき、
  そこでやる気をなくしてしまう。
  いよいよこれからだというのに・・・』 エジソン

『私は発想に行き詰まると、海辺や川に釣り糸を垂れに行く。
  波や風や光からアイデアが釣れるからだ』 エジソン

『自分のアイデアがうまくいくようにするには、
  何よりもそのアイデアを育てなくてはいけない』 エジソン

『アイデアは、
  それを一心に求めてさえいれば必ず生まれる』 チャップリン

『決定をあせってはならない。
  ひと晩眠ればよい知恵が出るものだ』 プーシキン

 『ひらめきは、それを得ようと、
  準備、苦心した者に与えられる』 パスツール

 

アイデアの価値

アイデア。

あなたはこの真の価値を感じていますでしょうか?

目に見えないものだからこそ、
多くの方は、何となく大事だと思えど、
そこまで重要視せずに、事業を始めてしまうもの。

そして、
やれホームページはどうしようとか、
やれ集客はどうしようとか、
やれ価格はいくらにしようとか、

戦術ばかりに意識を奪われてしまうんです。

でも、その結果は・・・

 

結果を大きく変えたいのであれば、
根本的な部分から変えるべきケースもあります。

そう、売るモノをリバリュー(価値の再構築)し、
突き抜けた売るモノを創造して、
緊急収益向上対策を打つことにより、
結果を大きく変えることが出来るんです(^0_0^)

 

社長のシゴト

あなたの会社の収益が思うように上がっていないのは、
本当に、売る場所や売り方に原因があるのでしょうか?

売るモノ=商品・サービスはそのままで大丈夫ですか?

私が考える社長のシゴトとは、
 ①新規顧客の獲得
 ②新商品・新サービスの開発
です。

①ばかりに目がいってしまうと、
それだけでは長期にわたって安定した収益を上げることは難しく、
②も同時に進めていく必要があるんですね。

でも、②を進めていく上で多くの事業主がつまづいてしまうポイントが、
アイデアが浮かばない。。。
ということなんです。

今一度、上の偉人達のコトバを見てみてください。
そこにヒントがたくさんあります(^_-)

昨日の記事でお伝えしましたが、

キーワードは、
『 あるもの使って、ないもの創る 』

つまり、今ある商品・サービスを使って、
何か別のものが創れないかを考えていくことが、
突き抜けた売るモノを創るための最も最短の道となります。

 

イマジニアクエスチョン

「売るモノ」の緊急収益向上対策を打ちたい場合には、
まずは以下の《イマジニアクエスチョン》=IQに答えていきましょう^^

アナタの商品・サービスは(の)、

IQ1、他にどんな使い道があるだろうか?
IQ2、アイデアを真似ぶことはデキないだろうか?
IQ3、○○を変えてみたらどうだろうか?
IQ4、○○を大きくしてみたらどうだろうか?
IQ5、○○を小さくしてみたらどうだろうか?
IQ6、代用可能なものは無いだろうか?
IQ7、何か別のものに置換できないだろうか?
IQ8、逆にしてみたらどうだろうか?
IQ9、逆転の発想をしてみたらどうだろうか?

 

これら「9つの着眼点」
そこから連鎖的に起こる「45のひらめき」により
売るモノのリバリューは可能となります。

企画創造の際の大原則は、
「正解」を求めないこと。

まずはこれらのIQに素直に取り組み、
思いついたものを片っ端から書き出していきましょう!!
(ブレインダンプという発想法を意識することが大事です。)
(これはまた別の機会に。)

 

実際に書き出してみたら、
企画創造の準備は整いました(^0_0^)

そこから、突き抜けた売るモノを創造していきたい方は、
アントレプレナークリニックにお申し込みください。
一緒に企画創造していきましょう!

90分でアナタの商品・サービスを
劇的に突き抜けさせますので(^_^)

 

 

LINE@でも木下和紀と繋がりませんか?

LINE@では、実際にビジネスを成功させるためのアドバイスを
毎日配信しています(^_^)
「アントレプレナークリニック」の無料お申し込み特典も付いています。

LINEメニューのその他 ⇒ 友達追加 ⇒ ID検索 と進み、
@kinoshitakazukiを検索して、友達追加を完了させて下さい。

コメントを残す